任意売却のために準備する費用

持ち出しはありません

任意売却を検討する際の不安の1つが、かかる費用についてではないでしょうか?特に最初にお金を用意する必要があるのかが現時点の一番の不安だと思います。

 

結論から言うと、その必要はありません。ご相談は無料ですし、後述する任意売却にかかる諸費用も、債権者が手にする不動産売却代金から差し引かれる形で支払われます。こちら(債務者)の持ち出しはないのです。

 

ですから、もし今準備できるお金がないという理由で住宅ローン相談センターへのご相談を躊躇されているとしたら、その心配は無用です。やはり、少しでも早い時期でのご相談をおすすめしたいところですね。

任意売却にかかる費用

それでは任意売却にかかる主な費用を見ていきましょう。

仲介手数料

不動産会社へ売買価格の3%+6万円+消費税。これは宅地建物取引法に基づくもので、全ての不動産会社に対して共通。

抵当権抹消登記料

司法書士へ。抵当権抹消に必要な手続きにかかる成功報酬。

引越し費用

こちら(債務者)へ。ただし、債権者との交渉によるもので必ずしも捻出されるとは限りません。20〜30万程度が目安。

ローン返済充当費用

銀行などの債権者へ。上記を控除した分をローン返済分に充当。

任意売却には主にこれらの費用がかかるのですが、先述のように不動産の売却代金から引かれるため、こちらの持ち出しはないというわけです。

 

ただし、これらはあくまでも債権者との交渉によって成立するもの。この交渉はやはり、きちんとしたノウハウを持っている任意売却のプロにお任せした方が安心ですよね。

関連ページ

任意売却をするタイミングはいつ?
任意売却はいつどのようなタイミングですればよいのでしょうか?
任意売却できるタイムリミット(期限)
任意売却にタイムリミット(期限)はあるのでしょうか?競売取り下げが可能なタイミングについて解説します。
任意売却のデメリットとは?
必ず知っておきたい任意売却のデメリットとは?