任意売却のタイミング

任意売却相談のタイミングは少しでも早い時期に

任意売却をするには、関わっている全ての利害関係者から同意を得なければなりません。となると、個別に交渉して了解を得るだけの時間が必要になってきますね。また、売却活動期間は少しでも長い方がより好条件で取引できる可能性が高まります。

 

つまり、少しでも早いタイミングで任意売却を進めるほど、有利に働く可能性が高いわけです。

 

また、何か明確な理由がない限り、滞納し始めてから急に資金が潤沢になることは稀です。1ヶ月滞納すると、2ヶ月、3ヶ月とどうにもならないままに時間だけが過ぎていくケースが多いのです。その間、心理的な負担も抱え続けることになりますね。

とにかく早めのご相談を

やはり、できれば滞納2〜3ヶ月辺りから任意売却の相談を始めるのが望ましいタイミングでしょう。

 

マイホームを手放すのは一大決心ではあります。でも、今後具体的に好転する見込みがないままズルズルと引き延ばして、結局、競売という最悪の結末を迎えてしまうことを考えると、任意売却は懸命な決断と言えます。

 

ただ、どうしても決心がつかずに督促状も無視して滞納を続けてしまったとします。この場合も競売の申し立てがされていなければ、まだ任意売却に持ち込める可能性はあります。また、万が一「競売開始決定通知書」が届いても、スケジュール的にはタイトですが、まだ望みはあります(詳しくは競売開始決定通知書が届いたときの対処法参照)。

 

繰り返しになりますが、それでもとにかく1日も早いタイミングで行動される方が有利に着地できる可能性が高まることは念頭に置いておくべきだと思うのです。

関連ページ

任意売却できるタイムリミット(期限)
任意売却にタイムリミット(期限)はあるのでしょうか?競売取り下げが可能なタイミングについて解説します。
任意売却の費用はどれくらいかかるの?
任意売却の費用はどれくらいかかるのでしょうか?
任意売却のデメリットとは?
必ず知っておきたい任意売却のデメリットとは?